My Photo

畑のいきもの

  • Img_2438m
    畑に行こう 畑を見よう 畑に生きよう!

白山 Mont Blanc

  • Title 無事帰還
    2009.09.20-09.21 石川県白山市白峰に第15期緑のふるさと協力隊OBOG6名が集結し、白山登山敢行。 真っ青な空、紅葉の始まった山肌、冷たい空気、可憐な高山植物、疲れた体を照らす夕陽、流星輝く夜空、そして御来光。 すべてが完璧に、今回の旅を彩ってくれました。 とちもち、ごちそうさまでした。

そら

  • Img_2486
    空のきれいなまち。 あしたも晴れるかな。

鴨川

  • 終わってしまった
    2007年3月 千葉県鴨川市の棚田倶楽部棚田保存活動に参加 川代地区の棚田で米作りに挑戦 9月の収穫までを追いました!

稲刈

  • Img_5923
    稲刈り初体験。
August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

じじねこのまたたび

ウェブページ

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« March 2005 | Main | May 2005 »

16 posts from April 2005

April 27, 2005

鐘の音

s134_3407 『ごぉ~ぅ~ぉ~ん~』

鐘の音、いいですねぇ。除夜の鐘でもないのに突いてきました。一緒に旅した常務なんて、2回も3回も立て続けに…。こんなに気軽に突いていいものなんだ。

案内してくれた地元の人(常務の甥っ子さん)がいくらでも突いていいよと仰るので、お言葉に甘えてスコ~ンと思いっきり突いてみました。周りの山々にもひびいて、なんと音の良いこと。心が洗われます。29日には、ここで地元のお祭りがあるそうな。

福島にて

April 26, 2005

本家本元

s134_3401 こちらが本家本元三春の滝桜。私の知る限り、こいつのクローンが東京都内に3本あります。本家本元はぶっとい丸太支柱をかけられて、ようやく生きているといった感じ。最近も上の方の枝が折れてしまい、ますますお歳を召した感じになりました。

滝桜を見に行く途中で、日本花の会の圃場に寄りました。そこで樹木医のT氏に会い、興味深い話を聞くことができました。

染井吉野の寿命が短いのは植えてある環境が変化したからで、桜の名所といわれるところはもともと植栽に適しているところで、健全に生育しある程度大きくなると花見に寄ってきて根本を踏み固めてしまう。根をいじめられると樹木は子孫を残そうとするために花をたくさんつけるようになる。すると、花見客も増え益々根元が踏み固められてしまう。そして、次第に衰弱し枯死に至る、というような内容でした。

だから花の見事な様子は危険シグナルでもあるということになる。染井吉野の場合30~40年の木は幹も太くなり枝振りもがっしりしてくる。そのころから花見客が増え始め環境が変化し始める。最初はどんどん花付きも良くなってくるが、10年、20年経ってくると次第に衰弱し始める。そして60年くらいで枯死してしまうというサイクルに当てはまるらしい。

T氏らの間では『有名病』と言うそうな。  なるほど。

s134_3440s134_3437  こちらも滝桜の近所にある名所、合戦場のしだれ桜。夫婦桜で、ほぼ同じ大きさの枝垂れ桜が丘の上に寄り添っています。丘には菜の花が咲き、桜の周りには人があふれ、屋台が立ち並び(焼いて田楽みそをつけた厚揚げうまかった。)そして空は青かった。

April 25, 2005

みはる

週末を利用して”さくら”をテーマにした研修旅行に行ってきました。

日本三大桜のひとつ、三春の滝桜。時代を超えたその姿に、感動、感動。たくましく活き、大きく根を張り、そして華やかに咲くその姿はすばらしい。今は幾本もの支柱に支えられ、生命維持装置で生きながらえているようですが、それでも尚多くの花をつける様は見事!

s134_3412 因みに、写真は有名な”三春の滝桜”ではなく、その近くの民家の脇に根付いている無名の枝垂れ桜。畦の菜の花と青空も印象的でした。

April 16, 2005

@nifty:NEWS@nifty:小田原市で6300世帯が断水4日、市に苦情殺到(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:小田原市で6300世帯が断水4日、市に苦情殺到(読売新聞).

なんか大変なことになっている。
友人から断水の話は聞いていたが、これほどひどいとは。
しかも復旧は明日以降。
うちの実家は井戸水だけど、山に囲われて陸の孤島だし、
今住んでいる東京だって、いつどうなるか分からないもんね。

April 14, 2005

きんぎょ と はなびら

132_3287s このきんぎょは去年の秋、1級造園施工管理技士試験の帰りに寄った東京ドームシティの売店で、はし置きとして売られていました。模様の違う2匹を買ってきましたが、はし置きとしては使っていません。ティーカップの中で泳がせてみました。どこからか風に乗ってさくらの花びらが一枚…。

そんなロマンチックではありませんでした。さっきICUで拾ってきた花びらです。手ぶれをごまかすためにセピア風に加工してみました。…ごまかし切れませんでした。

新米

renjyakukomisen 去年の春植えたソメイヨシノです。

20年後、30年後には大木になり、この下で花見なんぞするのでしょう。

まだまだ小さいけれど、健気に花を咲かせております。

April 10, 2005

布団圧縮袋

午後は家の掃除やら片付けやらをしました。

よくテレビショッピングで「えぇ~!?こんなに小さくなりました。」とか言っている布団圧縮袋を使ってみました。因みに近くのホームセンターで買いました。 「今なら更にもう10枚!」とか、独身には必要ないし。

しかし、使ってみて思わず叫びそうになりました。

「ぬおぉ~!こんなにちぃさくなってしまったぁぁぁぁっ!」

before132_3245

after132_3246

調布飛行場

国際基督教大の近くには味の素スタジアムや調布飛行場があります。

花見ついでに、ちょっと足をのばしてみました。

ゆーみんの『中央フリーウェイ」にも調布飛行場はでてきますね。

セスナでしょうか、レシプロの単発機が飛び立ちます。

強風の中、大きく揺れながらも無事に離陸です。132_3244s

sakura-storm

今日もいい天気だったので、国際基督教大学桜の写真を撮りに。

偶然同僚familyに出くわして、シャッターを切りました。

彼らとは大学1132_3222s年の時からの付き合いになります。  132_3229s    

132_3236s132_3232s132_3233s 132_3235s

April 09, 2005

麻布die pratze

久しぶりに芝居を観た。
K寺先輩の書いた作品。
なんか賑やかで面白かった。
役者さんたちも楽しそうだったなぁ。
少し早めに着いたので、劇場の前の芝公園周辺を散策した。
夜桜と東京タワーがきれいだった。
写真は増上寺境内から。

ちえちゃん、結婚おめでとう。
zoujyoujitower

April 08, 2005

爛漫

ICU
三鷹市の桜の名所の一つ、国際基督教大学のマクリーン通りです。
さくら吹雪はさぞすばらしいことでしょう。

April 07, 2005

やむちゃ

kani
kingyo
おまけにはまってます。
金魚餃子ってなんだ?
とってもかわいいです。
うちの金魚さんは餃子にしないで下さい。

April 06, 2005

はなみ

someiyoshino

今夜は暖かいので夜桜見物に行きたい気分です。
夜のさくらは撮影が難しいです。
うまく撮れるかな。

April 03, 2005

花見で一杯

sake_sakura新宿御苑へ行ってみました。
まだソメイヨシノは咲き始めにもかかわらず、もんの凄い人、人、ひと…。
天気がよかったので春を満喫。
”手作り風アイスクリーム”がうまかった。

April 02, 2005

ウーロン

teafromtaiwan何気なく買った烏龍茶。
そのラベルに『台湾産茶葉使用』。
『華やかな香り、まろやかな甘み』に異国を想ふ。


ICU(国際基督教大学)のソメイヨシノもだいぶ咲き始めていました。
三鷹近辺の見ごろは来週末かな。
都心では来週木曜日ころが見ごろではないでしょうか。

April 01, 2005

頭上注意!

RFなんじゃこりゃ!?
この不気味なイボイボの正体は…
今巷を騒がせております、屋上緑化です。
コーラルカーペットといういわゆるセダムの一種です。
ひょっとしたら、あなたの頭上にも…。

« March 2005 | Main | May 2005 »