My Photo

畑のいきもの

  • Img_2438m
    畑に行こう 畑を見よう 畑に生きよう!

白山 Mont Blanc

  • Title 無事帰還
    2009.09.20-09.21 石川県白山市白峰に第15期緑のふるさと協力隊OBOG6名が集結し、白山登山敢行。 真っ青な空、紅葉の始まった山肌、冷たい空気、可憐な高山植物、疲れた体を照らす夕陽、流星輝く夜空、そして御来光。 すべてが完璧に、今回の旅を彩ってくれました。 とちもち、ごちそうさまでした。

そら

  • Img_2486
    空のきれいなまち。 あしたも晴れるかな。

鴨川

  • 終わってしまった
    2007年3月 千葉県鴨川市の棚田倶楽部棚田保存活動に参加 川代地区の棚田で米作りに挑戦 9月の収穫までを追いました!

稲刈

  • Img_5923
    稲刈り初体験。
August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

じじねこのまたたび

ウェブページ

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« July 2005 | Main | September 2005 »

3 posts from August 2005

August 17, 2005

アジアの友よ。

先日NHKテレビ『日本の、これから』をみました。
第3部までは見ることができませんでしたが、この番組を観て、アジアの中の日本ということを改めて感じました。従軍慰安婦の被害者は、謝罪と十分な補償をして欲しいと訴えています。
以前、広島原爆を投下した爆撃機の搭乗員が日本を訪れ、原爆被害者と語り合うという番組もありました。
日本の被害者はしきりに謝罪して欲しいと訴えていました。その願いは番組中では叶いませんでしたが…。
私は、戦争を体験していません。
被害者の方は謝罪をされて、それで済むのでしょうか?
彼らが真に望むものが、平和なのか、謝罪なのか、補償なのか、私には分かりません。
NHKの番組を見て、過去の戦争に関して、お互いが本当に分かりあうのは無理だと思いました。
お互いの論点がどこかずれているようだし、冷静なようでいて、とても感情的であったと思います。
過去の事実は、受け入れるべきだと思います。
しかし、謝罪で全てが終わるのでしょうか。
高校生の頃から、ときどき考えていたことですが、未だに答えが出ません。
答えが出ないまま、戦争は過去の話しとなり、体験者は過去の人となり…。
当事者であったならば、とても冷静に話し合いなんかできないでしょう。
自分たちのあまりにも酷い行いを認めることはできないでしょう。
謝罪を求める側はもちろん、それを求められる側にも多数の犠牲がありました。
それを理解し、相手の深い傷を理解し、認めるべきは認める努力が、友好の架け橋の、そのまた礎となるのではないでしょうか。

August 10, 2005

風鈴

東京セレソンDXの口笛を観てきました。
初演も観ましたが、全く色褪せることなく、悲しくて、悲しくて…

前回の公演『夕』でも、しばらくテーマソングの「言葉にできない」が頭の中でヘヴィローテーション。遂にCDを買ってしまうほどでした。

今回も、中野からの帰りの電車の中、バスの中で悲しくて切なくて。
ああ、セレソン、罪なやつ。

http://www.ts-dx.com/

ドラマの影響か、今日は平日にもかかわらず超満員。
劇場の前には居酒屋のお姉さんがビラ配り。
それほど人が入っていたという訳か。

悲しくて、切なくて、自宅へ帰ってからどうにもやりきれず、夜道をランニングしてきました。
ちょっとだけ、すっきり。

August 09, 2005

でずにぃらんど

何年ぶりだろ、ディズニーランド。
甥っ子姪っ子とともに久々にネズミたちと戯れてきました。

s140_4094_r1

小さい子供にはお化け屋敷のように見えたようで、5歳の姪っ子はシンデレラ城や白雪姫でも泣いていました。そのくらいの子供が楽しめるのは、メリーゴーラウンドと小さな世界くらいか?

s140_4070 う~ん、以外と大人の世界?

それにしても、シンデレラ嬢やジャングルアドベンチャー坊はすごい演技力だ。ノリの悪い客だと、疲れるだろうね。

« July 2005 | Main | September 2005 »