My Photo

畑のいきもの

  • Img_2438m
    畑に行こう 畑を見よう 畑に生きよう!

白山 Mont Blanc

  • Title 無事帰還
    2009.09.20-09.21 石川県白山市白峰に第15期緑のふるさと協力隊OBOG6名が集結し、白山登山敢行。 真っ青な空、紅葉の始まった山肌、冷たい空気、可憐な高山植物、疲れた体を照らす夕陽、流星輝く夜空、そして御来光。 すべてが完璧に、今回の旅を彩ってくれました。 とちもち、ごちそうさまでした。

そら

  • Img_2486
    空のきれいなまち。 あしたも晴れるかな。

鴨川

  • 終わってしまった
    2007年3月 千葉県鴨川市の棚田倶楽部棚田保存活動に参加 川代地区の棚田で米作りに挑戦 9月の収穫までを追いました!

稲刈

  • Img_5923
    稲刈り初体験。
August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

じじねこのまたたび

ウェブページ

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« October 2006 | Main | December 2006 »

16 posts from November 2006

November 27, 2006

海と山とみかんと

Img_6328昨日は中途半端なところで記事が終わっていますが、小田原にみかんを食べに行って来ました。みかん畑は相模湾を見下ろす山の上にありました。早川駅からてくてく歩いて登りましたよ。今にも雨が降り出しそうな天気でしたが、眺めは最高です。 

Img_6332みかんだけでなく、けんちん汁や天然酵母パンなどたっくさんごちそうになりました。どれも素朴な味で派手さはありませんが、体が温まりました。

最後に自家菜園をしているTさんから、小松菜や青梗菜や大根の葉っぱなどをこれまたたくさんお土産にいただいちゃいました。
今朝は青菜の味噌汁に、今夜は野菜鍋です。
われながら、うまいなぁ。食べてもらう人がいなくて残念です。
Tさん、今度一緒に鍋やりましょうね。Img_6339
そろそろ鍋と味噌汁以外にもレパートリーを増やさないとな。
毎日鍋でも飽きないけどね。

November 26, 2006

そんなに見つめないで、梅子。

そんなこんなであーっというまに小田原に着いてしまい、集合時間1時間前。
…早すぎた。
まあ、久しぶりの小田原だし散歩でもしましょう。
小田原城にある動物園に行って来ました。Img_6324
通過するだけのつもりだったのですが、梅子と目が合ってしまい、しばらく動けませんでした。なにを訴えているの?じっとこちらを見つめる瞳が印象的でした。
メスライオンのようなオスライオンは元気だろうか?折角だから会ってくれば良かったな。

Img_6326最近どこぞのお城では忍者が出るとかお姫様が観光案内をしてくれるとか聞きますが、小田原城にもいましたよ、侍軍団。おつとめご苦労様です。

ロマンスカー下克上!

Img_6317訳あって小田原に行きました。
友人から小田急線の回数券をいただいたので、ちょっとオトナの余裕を発揮して、『特急!』ロマンスカーに乗ってしまいました。(ホントは出発がちょいと遅れて集合時間に間に合うか心配だったのだけれど)
全席指定の特急券、座席は先頭車両の前から三列目。うわードキドキするぅ~。
長年小田原と新宿を行ったり来たりしてきましたが、ロマンスカーなんて何度目だろう。
2回目?しかも先頭車両の3列目。
そわそわしているうちに新宿駅を出発進行。ぎりぎりに乗ってきた熟年夫婦が僕の隣と2列目に分かれて乗車してきました。気の毒に思い、席を代わってあげましたよ。オトナの余裕!しかも!2列目に座っていた若い男性も最前列に奥様がいるとのこと。もちろん席を代わってあげましたよ。ふっふっふ、なんと最前列!ウルトラスーパーパノラマビュー!
いやあ、子供のようにドキドキドキドキ。なんでこんなに嬉しいんだろう。Img_6321写真をいっぱい撮ってしまった。  トンネルを抜けるとそこは大井松田だったぁぁぁぁっ!

私の興奮ぶりが伝わっただろうか?

緑のボランティア

Img_6308緑色な訳ではありません。
M市緑のボランティアも4回目。後半戦突入。
回を重ねる毎に本格的になっていきます。
今回は国際基督教大学(通称ICU)にお邪魔して、大学の学生さん、職員を交えて大勢での作業となりました。
今回も雑木林の下草刈りを中心に行いましたが、まさしく藪の中。
いい汗かきました。Img_6313

紅葉もとてもきれいで(「猫の視点」に写真掲載します)、作業も大勢ではかどったのでとてもスッキリしました。頑張った印に、マメができました。いっぱいマメを作って、逞しいごつい手になりたいものです。まだまだだ。

最近冬の野外でも暖かいお弁当を食べられるように、土方のおじさんが持っているような保温機能付きのお弁当箱を買いました。Img_6316(写真は朝ご飯ですが、)サツマイモご飯とオクラのお味噌汁をお弁当箱に詰めて、ICUの実習地でお弁当。天気も良くて、温かいご飯はうまい!

November 23, 2006

雨音にきみを想う

冷たい雨が降っています。
こんな日には鍋料理とかラーメンなんかが食べたいものですが、マグロの漬け丼を食べました。
笹塚駅近くの『なかだ屋』というマグロどんぶりやさん。漬け丼やマグロのステーキなんかを食べられるのですが、店内にはジャズが流れています。
漬け丼、たまに食べたくなるんですよね。今日は「やまかけマグロ丼」を食べました。

そして笹塚恒例の台湾物産館へ。すっかり顔なじみになりました。
この間買った魚のそぼろ、トーストに挟んで食べるのが本場の食べ方らしい。
うむ、早速明日の朝食でチャレンジじゃ。

こんな日に、『雨音にきみを想う』という香港映画を見てきました。
元サッカー選手と、子役の女の子が父娘を好演しています。
http://www.amakimi.com/main.html

November 19, 2006

まんどりん。

昨夜、高校時代の友人のマンドリン演奏会がありました。
久々にマンドリンコンサート。

あの繊細な音色が心に響きますね。
CDでは聴けない、生の息づかいと一体となった演奏者たちに癒されました。
ああ、農大のマンドリンコンサート行ってみたいな。
大人数だから、もの凄い迫力なんだよな。

ちょっと遅い、芸術の秋です。
Kさん、これからも楽しみにしているよ。

メッセージ

11月18日土曜日。
M市緑のボランティア講習3回目。
丸池公園で雑木林の下草刈り作業実習です。

前回、伐採の実習もしましたが雑木林の萌芽更新のサイクルが15~20年のサイクルというのは作業的にも納得しました。

雑木が15年~20年というと直径が5cm~10cmくらいです。
太く育てた方が燃料がたくさん取れて良いじゃないかと思いましたが、実際に伐採してみると非常に疲れる。これ以上太いのは正直伐りたくないです。

植物生理学的にもそのサイクルを決定する理由があるみたいですが、昔のひとはほんとうに賢いです。

話は変わりますが、新聞広告クリエーティブコンテストの入賞作品にこんなものがありました。強烈な衝撃を受けました。是非読んでみてください。
http://www.readme-press.com/koukoku/2006/no4.html

すきとおる ひと

11月14日火曜日。しずくまち♭『すきとおる ひと』千秋楽を観てきました。
なんと、嘱託指導をしていた演劇部の生徒だった子が出演していました。

ああ、彼女ももう大学3年生。はやいなあ。

さすがに高校生の時から比べて演技も洗練されたようでした。
まさかしずくまち♭の舞台に馴染めるとは夢にも思っていませんでした。
人ってこんなにも変われるものですね。

これからも楽しい舞台を見せてください。

しずくまち♭ オフィシャルサイト
http://www.sizukumachi.com/

腕時計

Img_6296 先月はじめから調子の悪かった腕時計を修理に出しました。
大学の入学祝いだったか、あるいは高校の入学祝いだったか、十年くらい使っているものです。

防水だけど、小さめで薄くて腕に馴染んだものでした。
それが、突然曇って何も見えなくなってしまったので、時計屋さんに持っていきました。
この際なので傷だらけのガラスや色あせた文字盤や針なども交換してもらうことにしました。

国内で修理ができないので、どっか遠くヨーロッパに持って行かれたようです。
僕だって行ったことがないのに。
1ヶ月以上かかって戻ってきた僕の腕時計は、新品のように輝いていました。
今までほんとに色あせていたんだなっていうくらい眩しい。

それにしても、修理に4万円以上かかって、新品を買おうか真剣に迷いましたよ。
でも、どれもゴツくて僕の腕には馴染みませんでした。
傷だらけになっても、長生きしてくれよ。

November 12, 2006

風が吹いたあとには

Img_6267 木枯らし1号。風が強いからでしょうか、空がとてもきれいです。
日中の澄んだ青空、黄昏に胸を打たれました。

「ユア・マイ・サンシャイン」をみて、震えるほど涙を流したからでしょうか。
バスを降りて、グラデーションの空に見入ってしまいました。

          みなさんは今日、そらを見上げましたか。

ユア・マイ・サンシャイン

ほとんど前知識のないまま、渋谷のミニシアターへ足を運びました。
あんまり期待していなかったんだけどね。やられた。
ラブストーリー苦手な人には辛いかもしれないけれど、凄いです。

http://www.sunshine-movie.jp/

この映画のモデルとなったふたりには、静かで幸せな生活を送ってほしいです。
そして、全ての偏見に苦しむ人たちにも穏やかな暮らしができるようになってほしいです。

帰ってから初めて映画のHPをみました。それだけで…
あのシーンを思い出しただけで…  うぅ。
是非、この映画をみて、優しい気持ちになってください。

November 11, 2006

ビーフン

映画館の帰り、久しぶりに台湾物産館に寄りました。
始めていった時釣り銭を間違えたレジのお姉さん、とても日本語が上手になっていてびっくり。しかも完熟台湾バナナが一房(五本)60円でまたまたびっくり。
毎回即席ビーフンをいくつも買っていくのが気になるらしく、遂に顔を憶えられてしまったようです。かなりうれしい。
会話が弾んだ(?)ついでに、よく台湾土産で買ってくる「猪肉髭(豚肉そぼろ)」が無いか聞いたら、輸入が難しいとのこと。代わりに魚のそぼろを試食させてくれました。
うん、初めて食べたけれど、おいしい。熱々ご飯やおかゆにもぴったりです。
ちなみにレジのお姉さんたちはおにぎりにするんだとか。

Img_6265 青い袋のビーフンと、花生豆花がお気に入り。

はしご

なにから話そうか。

京王線に乗って、『地下鉄(メトロ)に乗って』をみにいきました。
http://www.metro-movie.jp/
衝撃的なラストでした。大きな声では言えませんが、「ええ!?、そんな…。」みたいな。
みてスッキリする映画ではありませんでしたが、父親のことをちょっと知りたくなりました。
それよりも、上映開始直後に尿意を催してしまって、大変でした。
ドトールのロイヤルミルクティーと、映画館の特典でもらったジンジャーエールが効いた。
約1時間半、我慢の男。体に悪い。さすがにエンドクレジット始まった途端トイレに駆け込みました。ふう、かいほ~感。
ちゃんと映画もみましたよ、ちゃんと。

本日二本目。『トンマッコルへようこそ』。
http://www.youkoso-movie.jp/
こちらは、「上映中」に水分をかなり放出しました。
平和な村と村人を守るため、敵同士だった兵士たちが次第に協力し、結束していく過程は、涙なしではみられません。
連合軍のスミスさんが「仲間」を残し戦線を離脱するシーンはの両の眼が滝状態。
人民軍の中隊長が、チョウ・ユンファみたいでかっこいい。
怒ってばかりいるより、食って、寝て、みんなで仕事して、「それが人生だ」。
スミスさん、いいこと言いますね。

今日みたどちらの映画も、人のために自分を犠牲にするという内容でした。
仕事が忙しい時、嫌なことがあった時、無性に映画をみたくなります。
「感動の~」と謳われている映画を探して映画館へ行きます。
そして、涙をながして、スッキリして、ちょっとの勇気と元気をもらったりします。
本でもいい。音楽でもいい。
感動の涙と一緒に、嫌なことをすべて流しましょう。

November 10, 2006

鍋の季節

Img_6260久々に早帰りしたので、生協で野菜と豚細切れを買って田舎鍋を作りました。
ああ、鍋の季節だなぁ。

なんか、温かいものが恋しいんです。
今週一週間、かなり仕事頑張っちゃったので(お陰で更新できず)、ちょいと贅沢なビールで癒されて。

ついつい食べ過ぎちゃいました。満腹

ひげ張

台湾の庶民料理の代表格、魯肉飯。
とろっとした豚肉のそぼろあんかけどんぶりとでもいいましょうか、ちょっと甘いような味付けと独特の食感がたまりません。これを食べに何度台湾へ行ったことか。
2回くらいか。まだまだだ…。

その魯肉飯が、な、なんと渋谷で食べられるとは!
台湾ほど安くはないが、台湾の食堂で食べた味を思い出しました。
涙が出そうです。

http://www.higecho.com/

November 05, 2006

脱穀!

Img_6215 先月刈り取ってビニルハウスで干していたソバの脱穀に行って来ました。
播種したのは2升だそうで、収穫量が播種量を上まれば良いかなと思っていたけれど、脱穀してみたら、5~6升くらいはあるんじゃないかという出来栄え。

いいんじゃない?

Img_6216初めてのソバつくり。初めての脱穀。誰も脱穀の経験が無く、とりあえずたたいたり、振ったりしてみました。時間はかかるけど、なんとかなりました。

Img_6217脱穀して、箕でゴミを飛ばしたソバの実は、黒く光って、ズッシリと重みがありました。
この間のお米もそうだけれど、自分が手をかけたものは、重みを感じるのでしょうか。

Img_6221くろちゃん、ソバ打ちの時にまた来るよ!
※くろちゃんはとってもおとなしくて、一言もしゃべりません。
時々そばに寄ってきて、体をすり寄せてきます。猫のようだ。くろちゃんの模様は、とても懐かしい。 Img_6219

« October 2006 | Main | December 2006 »