My Photo

畑のいきもの

  • Img_2438m
    畑に行こう 畑を見よう 畑に生きよう!

白山 Mont Blanc

  • Title 無事帰還
    2009.09.20-09.21 石川県白山市白峰に第15期緑のふるさと協力隊OBOG6名が集結し、白山登山敢行。 真っ青な空、紅葉の始まった山肌、冷たい空気、可憐な高山植物、疲れた体を照らす夕陽、流星輝く夜空、そして御来光。 すべてが完璧に、今回の旅を彩ってくれました。 とちもち、ごちそうさまでした。

そら

  • Img_2486
    空のきれいなまち。 あしたも晴れるかな。

鴨川

  • 終わってしまった
    2007年3月 千葉県鴨川市の棚田倶楽部棚田保存活動に参加 川代地区の棚田で米作りに挑戦 9月の収穫までを追いました!

稲刈

  • Img_5923
    稲刈り初体験。
August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

じじねこのまたたび

ウェブページ

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« December 2006 | Main | February 2007 »

12 posts from January 2007

January 30, 2007

グアム2007

というわけで、おじさま2人とグアム旅行へ行ってきました。
目的はただ一つ。

空を飛ぶこと。

操縦桿を握る手が震えます。
横風が強くて小さな機体は揺れる、揺れる。
格納庫を出て滑走路までのタキシング、離陸。
自らの操縦でグアム島を観光し、グアム国際空港でタッチアンドゴーを体験し、再度空港に進入着陸。

とても短い時間でしたが、3次元の世界を移動できる自由を手に入れ、とても幸せ。
地上を高速で走り、空へ浮かび上がる『フッ』という瞬間、すべての音が消えるように感じました。

か ・ い ・ か ・ ん 。

http://katz.tea-nifty.com/photos/guam2007/index.html

ちゃんと海にも行きましたよ。
シュノーケルをつけて珊瑚礁の端っこを覗いてきました。
カラフルな魚たちの写真を撮れなかったのは残念です。

美しい空と、海を満喫できました。

January 29, 2007

とっとととととと、とこなっつ。

Img_6717やいやいやいやい、やいらぶゅ~♪
暑いっすね!グアム!

海が俺を呼んでいるのさぁ。
そらが俺を呼んでいるのさぁ。Img_6718_1

夕陽に輝く白い砂浜、最高っすね!

Img_6715

January 25, 2007

飛行機にのって

あした私は、旅に出ます。

海と空がまっている、常夏の島へ。飛んできます。

January 23, 2007

せふぃ郎

車の移転登録手続きが終わりました。

運輸局へ車で行って、湘南ナンバーのプレートを自分で外し、たまナンバーの新品のナンバープレートに生まれ変わりました。最初はプレートの外し方が分からなかったのですが、以外とあっけないものです。
『多摩301 の △△□△』。「の」って平凡だよね。「ぺ」とか「ぷ」とかが良かったんだけど。

なんてったって『たま』です。膝の上でごろごろです。
日産の黒いセフィーロという車。

黒猫せふぃ郎です。よろしく。

January 22, 2007

ナンじゃこりゃ~!(昨日こんな夢を見た編)

せっかくの日曜日なのに、風邪ひいた。
何もする気が起きず、ひたすら眠った。
買い物にも行けず、夕方になってお腹が空いたので、パンを作った。
しかも、小麦粉を練ってちょっと寝かしてフライパンとオーブンで焼くというごく原始的なもの。薄くのばした小麦粉は、とってもいびつ。
焼かれて表面がパリッとしてきたら、出来上がり。それはもう、ナンじゃこりゃーってな感じ。
カレーがなかったので、味噌をつけて食べました。うん、かなり寂しい食卓だけど、素朴な味(素朴過ぎ…)。
それほど元気のない私は、素朴な食事を終えまた寝床へ。

それは明け方のことだった。
むかし出演した劇団の主宰と、お茶の間人情劇でまた共演することになった。
本番直前、楽屋で一生懸命台本を読み返すも、一向にセリフが入らない。
既に幕は開き、刻々と出番が近づくけれど焦るばかり。
遂に出番がやってきて、舞台へ進むと、5人くらいの出演者が卓袱台を囲んで何やら相談しているシーンらしい。「お兄さん」と妹役らしい女優に促されるままに座らされ、沈黙。
どうやら私のセリフの番らしい。肝心の最初のセリフの出だしさえ、分からない。
共演している劇団の主宰は、しきりに合図を寄越している。
額には大粒の汗が…。

結局一言もセリフを言えず、幕は閉じ共演者に土下座をして回る私。

そんなところで目が覚めた。汗をびっしょりかいていた。
あぁ、なんかやましいことがあるのかな。
お陰で熱は下がっていたけれど、こんな夢を今更見るなんて。
昔はしょっちゅう見てましたけどね、セリフ忘れる夢。

風邪、早く治そうっちゃ。

January 19, 2007

警察署

今日警察へ行って、車庫証明をもらってきました。
書類さえ揃っていれば、簡単にできるものです。
来週はいよいよ車のナンバープレートを取っ替えます。
今度は運輸局というところへ行かなきゃならないので、来週行って来ます。
まだ任意保険にも入っていないので、怖くて乗り回せません。
早く手続きが終わりますように。

一万円。(棚からぼた餅編)

上司から一万円もらった。

一昨日、その人と行動を共にしていて、昼食は広尾のレストランでタコライスをおごってもらった。人におごるとギャンブルで勝てるんだそうな。

その日の夜、スロットルで3万円勝ったらしい。

昨夜パチンコで9万円勝ったらしい。

私に何かをおごると、勝てるらしい。
どんどんおごって下さい。

彼は今夜もパチンコ屋へ行きました…。

January 14, 2007

れとろ世田谷線

タイムスリップ。
下高井戸から世田谷線にとことこゆられ、終点の三軒茶屋まで。
246方面に歩を進め、古びた映画館へ。

http://www.cinema-st.com/classic/c007.html

外観もぼろいけど、一歩中へ入って驚いた。
いい!すっごくいい!
むかし小田原にもいくつかの映画館があったけど、今までのどの映画館よりも古びていて、古き佳き『映画館』という雰囲気。
音響は最近のシネコンなんかに比べたら雑音だらけで最悪だけど、ボツッボツッていう音がその雰囲気を一層引き立てる。
更にシートも硬くて狭くてカップホルダーさえないけれど、なんか映画見に来ましたって言うドキドキが倍増なんです。
しかも1300円で二本立て!入れ替えなし!
今度行く時は弁当2食分持って一日中観てるかも。
なっつかしいなぁ~、二本立て。

で、『薬指の標本』を観てきました。
http://www.kusuriyubi-movie.com/#
日本人作家の小説をフランス人が映画化しました。
この作家の『博士の愛した数式』は有名ですよね。
他の作品も読んだことがありますが、映画化されたものを観たのは初めてでした。
『博士の~』も小説を読んだけど映画は観ていません。
静かだけど、不思議な、時にはちょっと怖い独特の世界が好きです。
今回の『薬指の標本』もその不思議ワールドが広がって、それをフランス映画にしたところがまた、ツボにはまりました。

原作を上回る映画作品は未だかつて観たことがありませんが、今回はどうでしょう。
ちょうど先週『薬指の標本』の文庫本を買ったところでした。
なんだか怖いくらいタイミングよいです。
さて、小説の方はどうでしょうか。後ほどゆっくり読みたいと思います。

January 13, 2007

マイカー

Img_6663 遂にマイカーを買ってしまいました。
数年前までは、自分は車なんて縁がないんだろうな、なんて思っていたけれど。
早速箱根から東京まで高速を走ってきました。
中古車だけど、なんという車かも分からないけど、いいなあ。

そういえば、大学入りたての頃までは携帯電話も一生持たないんだろうな、って思っていたのに、先週4台目の携帯に買い換えました。
歴代の携帯電話を並べてみると、ここ数年の技術進歩をみているようです。

車も、携帯も永く使ってあげたいな。

January 08, 2007

映画

『武士の一分』を観た。
キムタクって見た目ばっか格好いいんだと思っていて今まで興味がなかったけれど、ほんとうに格好良かった。目からウロコ。
それに比べて…板東三津五郎め!ゆるせんっ!って完全に感情移入しちゃいました。

笑えるところもあったし、最後の芋ガラの煮物のところでは目からウロ…いや、涙が。
美しい映画でした。

January 04, 2007

そば、みそ。

Img_6628年末年始の箱根滞在中に、去年千葉で収穫したソバで蕎麦を打ちました。Img_6631
モチモチのお蕎麦ができましたよ。
初めてのソバ打ちでしたが、よい年越し蕎麦ができました。Img_6647   

年明けて、今度は味噌造りに参戦です。
お盆にまた家族揃った時に天地返しをするそうな。
年末には美味しいお味噌汁をいただけるのでしょうか。 Img_6655

年末年始、実家の台所は総勢十一人で大忙し。
毎年のことですが、これだけの人数が一所に集まると、うるさいほど賑やかです。まるで戦場。ふぅ。

January 03, 2007

新年快樂

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。Sminoriookitoshi

今年の賀状は横浜での稲刈りの際に撮影したものを使いました。
稲穂が光り、風に金波となってなびいていました。
久々の毛筆は、ちょっと緊張しました。

実り多き年となりますように。

« December 2006 | Main | February 2007 »