My Photo

畑のいきもの

  • Img_2438m
    畑に行こう 畑を見よう 畑に生きよう!

白山 Mont Blanc

  • Title 無事帰還
    2009.09.20-09.21 石川県白山市白峰に第15期緑のふるさと協力隊OBOG6名が集結し、白山登山敢行。 真っ青な空、紅葉の始まった山肌、冷たい空気、可憐な高山植物、疲れた体を照らす夕陽、流星輝く夜空、そして御来光。 すべてが完璧に、今回の旅を彩ってくれました。 とちもち、ごちそうさまでした。

そら

  • Img_2486
    空のきれいなまち。 あしたも晴れるかな。

鴨川

  • 終わってしまった
    2007年3月 千葉県鴨川市の棚田倶楽部棚田保存活動に参加 川代地区の棚田で米作りに挑戦 9月の収穫までを追いました!

稲刈

  • Img_5923
    稲刈り初体験。
August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

じじねこのまたたび

ウェブページ

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« November 2008 | Main | January 2009 »

13 posts from December 2008

December 31, 2008

雪の降る町で

あけまし…

…はやまりました。
じじ猫日誌をご覧の方には今年もご心配をおかけしました。
意味深な記事の後に何週間も更新しなかったり。
内容の濃い一年だっただけに、自分の浮き沈みも激しかったように思います。

年明けて、どうなるんでしょうかね。

さて、年賀状ですが、出そうか出すまいかぎりぎりまで悩みました。
恒例の季節感のない賀状が仕上がりました。
例年なら、ここで不採用の賀状案を公表する所ですが、なんと今年はすんなり決まりまして(悩む時間がなかった!?)この大晦日に公表できる材料がございません。

というわけで。

本年は本当にありがとうございました。
来年もじじ猫の視線で記事を綴って参ります。
どうぞよろしくお願いします。

それでは。

よいお年を。

平成20年大晦日

December 30, 2008

エメラルドの海

エメラルドの海
餅つきをしました。
つきたてのもちは・・・おいしい♪

December 29, 2008

いつもの風景

Asahi 朝が寒くて、なかなか布団から出られません。
頑張って外に出てみれば、まだ東の山から顔を出せない太陽が、空に浮かぶ雲を柔らかく照らしています。

ちょっとだけ早起きして良かった。

December 24, 2008

あったかなクリスマスプレゼント

じたばたもがいて、いろんな人を巻き込んで。
結局引っ越しは回避しました。

ボランティアでいることと、緑のふるさと協力隊が一年間「集落」内で生活をすることを改めて考えました。自分だけでなく、周りで支えてくださっている人も一緒に考えてくれたと信じています。自分でも市街に引っ越すか、この集落に残るか天秤にかけられなかったように、考える人それぞれに答えは違うと思います。

今日、給湯器がつきました。
数ヶ月ぶりに「我が家」で風呂に入りました。
蛇口からでるお湯は、この時期は本当にありがたい。あったかいです。

そして、お隣さんからダイコンのビール漬けと白菜の漬け物をいただきました。
ビール漬けって馴染みがありませんが、とても風味がよく甘くて美味しかったです。

ギター教室でジングルベルときよしこのよるを弾いて、今は平和で暖かい時間を過ごしています。

引っ越さないで、よかった。

December 20, 2008

穏やかな脈動

穏やかな脈動
今朝の日本海は、穏やかです。
海面がゆったりと盛り上がり、柔らかい波となって砂浜に寄せては還っていきます。
静かです。

December 19, 2008

夢が現実に

先ほどはとり乱してしまい、すみませんでした。

福井市内に引っ越すこと、設備を整えてまで今の集落に住み続けることどちらも納得できません。だから、自分がどうしたいのか分からず、もがいていました。

今の集落に住みはじめてこの数ヶ月の間に積み上げてきたものが一晩の内に壊れてしまったような気がして、寂しかったのです。三ヶ月後にはこの集落を出ることになっていても、それまでは輪の中にいるつもりでした。

緑のふるさと協力隊は、なぜ農村で一年間暮らすのですか?
協力隊に何を求めるのですか?
そもそも、緑のふるさと協力隊は何なんですか?

我々協力隊員は「生かされている身」です。今、生命維持装置を外されては、昨日までのような活動はできません。延命措置を施されてまで活動する必要があるのでしょうか。

ボランティアという立場、決して軽くはないです。

December 18, 2008

夢か、幻か

Niji 虹がかかりました。

久しぶりに涙が溢れました。
なんだろう、これは。

グリーンツーリズムに行政界は関係ないと言いながら、結局自分は行政界に縛られている。

僕のふるさとは、どこ?

December 17, 2008

こんな夢を見た

あわら市追放!?
なんで?

なんだかよく分からないけど、今住んでいるところから都会に出ることになって、焦っているところで目が覚めました…。便利さなんて求めていないのに。

December 15, 2008

moooooooooooooooooooon!

Img_3695 月がきれい。

12月12日。

December 11, 2008

渡る世間は苦労ばかり!?

久々の舞台です。
あわら市男女共同参画のつどいで、我々あわら市男女共同参画推進市民会議のメンバーで啓蒙寸劇を披露しました。

お母さんは家事に仕事に大忙し。
一方、お父さんやおじいちゃんや子供たちは、我が儘言い放題。
或る日、家族の我が儘に耐えきれなくなったお母さんが家を飛び出してしまいます。
残された家族は、さあ大変。家事もろくにできません。
ここでお母さんの苦労を身をもって体験します。
しばらく経ってお母さんも戻ってきて、お父さんとお母さんが…

あぁ!これ以上は書けません!

評判は上々で、でも、演じている自分たちが一番楽しんでいたのかも。
終わってしまうと、寂しいものです。

皆さんのご家庭は大丈夫ですか?
ペットの犬が、実は着ぐるみを着たおじさんかも知れませんよ。。。

December 06, 2008

道路で洗車。

雪が降っています。
道路にもうっすらと積もりはじめました。

そんな道路を走っていると、道路脇から勢いよく水が噴き出しています。
車の横からもろに水をかぶります。
洗車機のような。

でも、車体の後面や屋根は洗ってくれないのでしょうか?

寒いです。

あしたは久々に「役者」します。
今夜は「セリフを忘れる悪夢」を、また見てしまいそうです…
おやすみなさい。

December 05, 2008

晴耕雨読・・・雨と雷と。

朝から激しい雷雨。落雷によりJRも止まっていたらしい。

小学生の松植樹を手伝う予定でしたが、悪天候により中止になりました。

休みをいただいて、図書館に行って来ました。
たくさんの本に囲まれて、黙々と読書する人、勉強する人にも囲まれて。
あのひっそりとした雰囲気が大好きです。
集中できるし、辞書やら参考図書は山ほどあるし、考え事するときにはぴったりです。

で、今日は食育について考えてみました。

そもそも、食育って何?既存の定義やらなんやらは置いといて…

人の生を支えているのは食べること。生きるためにも、歩くためにも、成長するためにも食べることは必要。
今、日本では、食べること・食べ物が手に入ることがあまりに当たり前過ぎる。
食べることの大切さや、世の中(この地球上で)が抱える問題の大きさになかなか気付きにくい。

仕事が終わって、或いは学校から帰ってきて玄関のドアを開けたら食卓とあたたかいご馳走が待っている。
でも、僕らは食べるものが食卓に並ぶまでの過程を知らない。
この豚汁に入っている豚肉はきっと何日か前まで生きていた。
この豚汁に入っているネギやニンジンやゴボウやダイコンはきっと数時間前まで大地に根を下ろしていた。そしてその野菜達は冷たい風に手をかじかませながら農家のおじさんやおばさんが収穫して、冷たい水で泥を落としたものだ。
この豚汁に使われている味噌は、去年の寒い冬の最中におばあちゃん達がアカギレの手を労りながら何時間もかけて仕込み、熟成に何ヶ月も掛けたものだ。
豚汁を作るのは簡単だ。
でも、ほんとうはとても大変なことだ。

豚汁一杯でそんな想像ができたなら、食べられることのありがたさが分かると思う。
そして、食べられないことの苦しみが分かると思う。

さて、今日も豚汁。
ダイコンニンジンネギ、唐辛子やニンニクも入れて、体が暖まります。

一日雨が降っています。かなり冷えてきて、これから雪になるようです。

December 04, 2008

鉄を溶かす→まぐま?

Img_3473 たたら製鉄を見ました。
私が住んでいる「金津」という地域。
昔からたたら製鉄が行われていたのだそうな。   

たたら製鉄なんて、もののけ姫の世界だと思っていたけれど、昔の製鉄法を研究する人たちがご近所さんにおりました。

川から泥をくみ上げて、干したり溶かしたり。
Img_3478いくつもの行程を経て、泥の固まりから熱々の『鉄』が生まれました。

手作りの道具でこんな事が出来るなんて。

昔の人はすごい!Img_3509

Img_3543できたてほやほやの鉄の塊は、小石に比べて明らかに重い。
ずっしり来ます。

« November 2008 | Main | January 2009 »